臨床開発におけるIT化支援

 文部科学省・厚生労働省のアクションプランにおいても言及がある通り、治験・臨床研究に対してのIT技術の更なる活用は、業務の活性化・効率化において欠かせない要素です。

 弊社ではIT企業とのビジネスパートナー契約を締結することで、弊社が有する幅広い実務経験に基づいた現場主義のアイディアを、IT企業が有する最先端のIT技術を用いて形にすることで、最適なソリューションを提供することができます。


IT化のご提案

 弊社では各種パッケージ製品をはじめ、業務に役立つ様々なツールを揃えております。IT化の課題を踏まえ、最終的なゴールに向けて、品質・コスト・納期を考慮し、既存の仕組みをそのまま利用する、クラウドシステム等に書き換える、新規にシステムを構築する等の選択肢の中から、最適なご提案をさせていただきます。


具体的なご提案例

画像差分抽出技術を活用したデータマネージメントの効率化

 弊社が有する画像差分抽出技術を用いて、症例報告書(CRF)の差分を抽出・表示することができます。この仕組みを活用することで、データマネージメント(DM)における加筆部分を探す労力の削減、読み合わせの効率化などが期待できます。

CRF画像差分画像
ブランクCRF
記入されたCRF(第1版)
記入されたCRF(第2版)

※差分として抽出された箇所が赤色で表示されています。


透明性ガイドライン対応のためのWebシステム

 日本製薬工業協会(製薬協)の「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」並びに「企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドライン」に準拠した、情報公開を実施するためにのWebシステムを開発しました。多面的なセキュリティ対策はもちろん、保守性・拡張性に優れています。


製品クレーム対応システム

 製造販売後の製品に関するクレームの対応を支援するシステムです。クレーム内容や、対応内容などを詳細に管理することができます。また製品写真を添付した文書を印刷することができます。




ビジネスパートナー : 株式会社セントラルシステムズ